タイトル癒しのザーメンナース
メーカーMOODYZ
監督黒澤あらら
女優なごみもえ
時間90分
価格定価:3,800円
困った人を放って置けない、なごみナースの奮闘記



     
「看護婦1年生」
通勤途中のもえちゃん、道端に倒れている男を介抱するところから物語は始まります。ザーメンを出すことが何故介抱になるのかは、謎です...。どこかガレージのようなところに連れ込み、フェラから舌の上に発射。口の中を見せて次のシーンへ。もう少し見せて欲しかったし、ゴックンしてほしかったなぁ。
これが原因で病院に遅刻。先生に怒られ、着替えをナースステーションでさせられます。おぉ、パンツまで脱いでます。何故かスケスケのパンツに着替えてました。


   
「朝の健康診断・風邪の診察」
病棟にやってきて健康診断。おしっことザーメンを採取します。唾液をチ○ポに垂らしながらのフェラ、気持ちよさそうです。口内に出されたザーメンの味で健康診断します。彼女がやるとホントにこんなことしている病院があるかのように思えますね。
このセクション、ちょっと画面が暗いですね。照明不足の感あり。

風邪を引いたもえちゃんが先生に診察してもらいます。風邪の診察に先生にオッパイ吸われています。また、オ○ンコに聴診器を当てられもえちゃんも恥かしそうです。そのうちオ○ンコの中まで指を入れられ見られています。恥かしそうにしているもえちゃん、非常にかわいいです。
オ○ンコやお尻の穴をさわられたり、おっしっこさせられたり、ローターを突っ込まれたりした後、先生とハメることになります。そこでお薬のブッカケです。最初の2人でもう顔中ギトギトになってます。いいぶっかけをやってます。でも口には余り入っていませんが、指についたザーメンを舌でチロチロ舐めてます。後半に口内中心のブッカケになります。激エロです。ブッカケ時、腰の動きも完全に止めています。いいです。いい心使いです。おかげでじっくり見ることができました。
この後体位を騎乗位に変えますが、これは不要な気がしました。


   
「入院・夜の訪問者」
皆からお薬を貰ったのに風邪が治らず入院しました。男達がお見舞いにくるんですが、これがまた、体を触りまくり。何がお見舞いだ〜。この男達、ザーメン点滴と称して、ロートを咥えさせ、それにザーメンを注ぎ込みます。ロートに発射された3人分のザーメンがもえちゃんの口の中に入っているんでしょうけど、これは、イマイチ感じませんでした。

何者かが寝ているもえちゃんの部屋へ。そこでもえちゃんのおっぱいを揉みながらオナニー。ザーメンを顔にかけます。しかし、もえちゃんは寝たままです。男は顔にかかったザーメンを口に入れますが、その指が非常に汚い。爪の間が黒く汚れている。これは、演出だろうか?わからない...。しかし、結構エロでした。


「先生が風邪・お昼の検診」
もえちゃんの風邪がうつり先生が風邪を引きました。そこでもえちゃんが診察をします。
患者はいきなりオナニー中毒者。もえちゃんがオナニーを手伝います。男がシコシコしているチ○ポに唾液を垂らしますが、彼女の唾液は、サラサラザーメンのようにサラサラで白いです。これはやや萎えますね。
男は無事、もえ先生の舌上に発射しました。
次の患者はお尻に指を入れらたり舐められたり、その後手コキにて自分の顔にザーメンをかけられてました。これは激萎えです。顔にかかったザーメンをもえ先生がなめ取り、男の口へ。これも激萎え。あらら監督はこれをよくやりますが、僕には全く不要な絵ですね。

「僕死ぬんですか?」といっている患者、もえちゃんの裸が見たいと贅沢なこと言ってます。もえちゃんはこれを承諾して、ローターでオナニーしているところを見せています。やがて、僕も見たいという男どもが入ってくる。この男達が最高にウザイ。もえちゃんの体を触りまくり、口々に「いいっすね〜」とか「もって激しくやってよ」とかニヤニヤしながら言ってます。お前らはブッカケだけに出てたらいいの。ニヤニヤしてしゃべるな、不愉快だ、このアホども。この中に、またよくみるオヤジを見つけた。ますます不愉快だ〜。どの作品にも出てくるな、ボケ、失せろ!!!
失礼しました。無性に腹が立ったもので、ついつい...。
一人目の男、この男多分いつもよくみるオヤジだと思います。たいへんな粗チンで、もえちゃんもかけられるのを嫌がっています。男はもえちゃんの顔を自分のほうへ向けるのですが、もえちゃんは抵抗しています。ざまーみろ、へっ。
ここの顔射は、まあまあよかったですが、タイミングの悪いヤツが何人かいましたね。量も全般的に少な目か...。


 
「急患・出張看護」
先生はまだ風邪が治らない。もえちゃんが処置をすることに。もえちゃんは患者を前に「どうしよ、とりあえず刺激を与えなきゃ」といっていますが、甚だ頼りないですね。
全身舐めた後、自分も服を脱いでローションマッサージをしています。病院というよりソープですね、これは。この男、意識不明のくせにチ○ポは勃起してます。そして急に目覚め、もえちゃんをハメてます。発射はもえちゃんの手ひらの上に。

患者宅にいっていきなり裸になって、白衣に着替えてます。
この患者、何を触ってもわからない、と言いながらもえちゃんのオッパイを揉んでます。それからオ○ンコも。オ○ンコは愛液でネトネトです。指を入れられて悶えてますが、看護しに来たのか、オ○ンコしに来たのかわかりません。結局、ハメてます。最後は口内に発射しますが、この作品最後のザーメンにしては量がややショボイですね。


★★★☆

もえちゃん、大変かわいいですね。何かしゃべり方も本当の看護婦さんのようです。こんな病院があれば是非行ってみたいですね。
この作品は、単なるブッカケ作品ではなく、一応、ストーリーというか、話の流れがあります。だから、ぶっかけやザーメンパフォーマンスだけを見たい人には、ちょっと退屈な作品かな、と思います。しかし、見所となるぶっかけシーンは2つあるんですが、どちらも量こそさほど多くないが質の高い内容だと思います。
僕的な感想というか要望を言うと、ストーリーがあるにせよ、ザーメンシーンが少ない気がしました。2つのぶっかけは申し分ないんですが、それ以外のパフォーマンスがあっさりし過ぎていたように思います。ごっくんもして欲しかった。ザーメンを口の中で弄び、ごっくんするのかな、と思うと画面がフェードアウトしてします。ゴックン好きの僕には、なんだ〜、と期待を外された感がありました。それに病院内のシーンで、画面が全体的にやや暗いし、黄色っぽいのもマイナス要素です。

作品最後に、この作品中のザーメンは全て本物です、というコメントが入っていました。



戻る